就活っていつから、いつまでやるの?

就活期間

今後の人生を左右すると言っても過言ではない就活。大学生にとって悩みの一つですが、就活はいつから始まっていつまで行なうものなのか知っていますか?2016年卒からスケジュールが大きく変化した就活。今回は、就活はいつからいつまでなのかご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

就活はいつからいつまで?

就活はいつからいつまで

2016年度卒から3カ月後ろ倒しとなった民間企業の就活スケジュール。2015年度卒までは3年生の12月から採用・説明会情報の解禁、3月から面接解禁でしたが、2016年度卒からは3年生の3月に採用・説明会情報の解禁、8月から面接解禁というスタイルになりました。

民間企業だけでなく一部の公務員試験に関しても数カ月の後ろ倒しが実施されています。

これは、大学生は学業を優先するべきだという政府の動向を受けて、日本経済団体連合会(経団連)が指針を決定したものです。

この決定はあくまで推奨にとどまるので、守らなければ企業に罰金が科せられるというような類のものではありません。ですので、解禁時期より早く情報を出し始めたり、面接を始める企業も多くあります。

特に、中小企業やIT系企業、外資系企業においてその傾向が強いようです。

一応3月から解禁と定められてはいますが、いつからいつまでと厳格に定められているわけではないので、学生の皆さんはそれらの情報を鵜呑みにしすぎては危ないのです。

就活は何年生から始めたらいいの?

就活に関する情報解禁は3年生の3月からということになっていますが、もっと早くから準備しておくに越したことはありません。

特に2016年卒からは、業務の体験や業界の講義を受けたりできる「インターンシップ」を行う企業が増えてきたので、3年生の夏から活動をする学生も多くなっています。

2年生向けのインターンシップも開催されているので、積極的な学生は2年生で行動を起こしている人もいます。

既に希望業界が決まっている学生は、長期型インターンシップに参加して自分を企業にアピールしてもいいですし、決まっていない人も1~3日程度の短期型インターンシップに参加して興味のある業界を探してみるのもおすすめです。

4年生から始めるのはもう遅い?

もちろん早いうちから準備するのは大切ですが、「インターンシップにも参加してないし、就活なんて何も手を付けていない…」なんていう4年生も大丈夫です。

4年生の3月ギリギリまで採用活動を行っている企業もあります。

思い立ったが吉日。まず大学の就職支援センターへ行って求人票を見せてもらい、就活サイトに登録しましょう。

「既に大学は卒業したんだけど、就職先が決まっていない…」なんて方も大丈夫。既卒向けの求人も就活サイトにはたくさんあります。就活を始めるのに、手遅れなんてことはないのです。

あせらず自分なりの就職活動を

3カ月後ろ倒しになった就活スケジュール。ただ、いつからいつまでと厳格に定められているわけではありません。しっかり情報を収集して見極めることが大切です。自分の手と足を動かして、周りは気にしないで焦らず活動していきましょう!