会社説明会とセミナーの違いって何?違いと参加のポイント

会社説明会とセミナーの違いって何? 企業説明会

「会社説明会とセミナーの違いって何?」という疑問は就活生なら一度は抱く疑問かもしれません。実際就活では様々な言葉が飛び交い、始めたばかりの頃は理解できない言葉も少なくありませんよね。今回は、会社説明会とセミナーについて、違いはあるのか、参加のポイントは何かについて紹介します。

スポンサーリンク

会社説明会とセミナーは違う?

会社説明会とセミナーの違いって何?

基本的に就活における会社説明会とセミナーは明確な定義はありません。企業によって「会社説明会」「企業セミナー」あるいは「自社セミナー」など様々な言い回しをしますが、会社説明会を様々な表記で表しているだけです。

ほとんどその2つに違いはないと考えて良いでしょう。しいて言うならば、セミナーと称された場合の方が学生参加型が多い傾向にあります。

例えば学生に対し考えさせる時間を取ったり、学生にディスカッションを行わせたりする等です。「会社説明会」「セミナー」という言葉に関して言えば明確な差や違いは見られません。

見るべきは詳細情報

ほとんど違いがないと考えられる会社説明会とセミナー。だからこそ、一番気を付けてみなければならないのは詳細情報です。

その説明会では何が行われるのか、誰を対象として見ているのか、行なう目的は何か等、詳細情報を確認することによって、説明会の意図を理解することが出来るのです。

例えば「会社説明会」とだけ書いてあっても、一次選考を併せて行う場合もありますし、選考に無関係でもグループワークを実施する場合もあります。詳細情報を見落とさないことが重要です。

会社説明会とセミナーのポイントは?

会社説明会やセミナーに参加する時のポイントは、選考を受けにいくつもりで臨むこと。「選考には無関係ですのでお気軽にお越しください」と書かれてあってもその姿勢で臨むことをおすすめします。

なぜなら、会社説明会を行っている社員はそのまま面接官である場合が多いからです。意外と社員は学生を見ているもので、説明会の段階から評価の高い学生、低い学生に関してはメモを取っていたりします。

特に志望度の高い企業の説明会の場合は、悪い意味で目を付けられないようマナーにも気を配っていきたいところです。

まとめ

会社説明会とセミナーの2つについてご理解いただけましたか?

企業が実施する説明会に参加するうえで最も大切なのは、詳細情報を確認すること。「行ったらグループワークがあった」「一次選考もあるなんて知らなかった」なんてことに陥らないよう、情報の確認は忘れないようにしてくださいね。