成功者になるための8つの法則‐歴代の成功者がやっている共通項を探してみた!

あなたは成功者になりたいですか? 10人に質問したらおそらく、ほとんどの人の答えが「イエス」でしょう。

それぞれ思い描く成功者は違うと思いますが、成功者と呼ばれる人を良く観察すると、彼らには共通して行なっていることがあります。今回は、成功者になるための8つの法則をご紹介します!

1. 自己投資を惜しまない

就活,いつから

休みの日、あなたは何をしていますか?

一日中寝て過ごす、ためていたドラマを見て過ごす…など。もちろん休日なので、自分の好きなように過ごしていいのですが、それって本当に自分の目標としているゴールに近づけてくれるのでしょうか?

成功者になるためには自分の時間も無駄な過ごし方はせずに、将来につなげるために勉強をするのが一番の近道です。

例えば、「あー英語が喋れるようになりたいなーそしたら、昇給できるのになー。」と言いながら、休みの日に寝て過ごしたり、お酒を飲んだりしていても結果は一目瞭然。喋れるようにはなりませんよね。

語学を本当に身に着けて昇給したいのであれば、休みの日に英会話学校に通って、たくさん話す。自宅で単語を覚えたり、海外映画やドラマを見てリスニング力を上げるなど努力が必要です。

成功者になるには、時間やお金をかけてでも自己投資を惜しんではいけません。

2. お金のために働くという考えを捨てる

リゾートバイト,職場,選び方

あなたは、何のために働いていますか?

多くの人が、生活のためやお金を稼ぐために働くと答えるかもしれません。

世間一般的に成功者として崇められることの多い億万長者の人々は、それではお金のために働いているのでしょうか?

私は、億万長者ではないので正確な答えではないかもしれませんが、おそらく彼らはお金のために働いているのではないのだと思います。それでは何のため?

億万長者の人たちが働いているのは、世の中をよくしていきたいという思いがあるのではないでしょうか。

時代はどんどん進化して日々新しいものが生み出されています。例えば携帯電話。携帯電話が世の中に出る前の待ち合わせって、今では考えられない程大変でしたよね。

何時にどこで待ち合わせと言っても、どちらかが遅れてしまったら、本当に今日会えるのかとそわそわしたり…、携帯電話がある現在ではそんなこと心配する必要はないですし、今や携帯電話はスマートフォンという形になり、電話以上の機能が備わっています。

携帯電話の進化を支えてきた成功者達は、結局お金のためでなく、私達の生活のために働いているのではないでhそうか。そして、おそらく彼らは、億万長者になる前からお金のためだけに働いてきたのではないのだと思います。

携帯電話であれば、「テクノロジーで世の中をよくしたい!」など目標があったのでしょう。成功者になるには、成功者の思考を参考に。

お金のために働くという考えを捨てて、あなたの目標のために働くという思考に変えてみませんか。

3. インプットしたことはアウトプットしないと意味がない

看護師,就活,いつから

何かを学んだ時、学んだだけで自己満足していませんか?

高いお金を費やして、資格取得のため学校に通ったのに、その後それを生かさなかったら時間もお金も全て無駄になってしまいます。そしてそれは投資ではなく浪費になってしまいます。

自分のお金や時間を使うときは、まず最初に今後どのように生かしていけるのか、じっくり考えてから行動しましょう。そして、学んだことをたくさん周りに与えていくことが成功の鍵です。

4. 他人と協力できる人になる

人間関係、恋人、協力関係

成功者の周りには、必ず協力者がいます。例えば仕事で成功を収めたい場合、上司、同僚、部下などなど、周りの人と協力しますよね。また、社外の人も対照になります。友人や、恋人、家族。自分が不安に押しつぶされそうになると、誰かと共に時間を過ごし、その不安を和らげたりするのも、また協力です。

自分がどれだけ周りの人から支えられているかということもしっかり理解しておきましょう。周りへの感謝も忘れずにいたいものです。

5. 客観的に自分を見る自己分析能力を身につける

保育士,転職,方法

成功者に共通していること。それは、細かな自己分析がしっかりできているということです。

就職活動を経験した人は、聞いたことがありますよね。「自己分析」とは、自分を客観的に第三者の目線になってみることです。

自分は、何が得意で何が苦手か、長所と短所は何かなど。本当の自分が見えてくれば、あなたの描く成功者になるためにはどうすればいいか見えてきます。

自己分析のやり方が分からない…目的と方法

就活の自己分析って何のため?やらなきゃダメなの?

6. 結果主義であれ

アイデア、自己啓発、成功への道

何かに取り組む時、目標に対してかけた時間や努力ではなく、結果を大切にしましょう。

過程にばかりフォーカスし、自分はこれだけの時間をかけて、こんなに努力してきたんだと豪語しても、それは頑張った自分に酔っているだけなのです。例え結果が自分の思い描いていたものに届かなかったとしても、改善点や反省点、学べるものはたくさんあります。

大切なのは今ある結果を次にどう繋げるかです。

7. 環境を整える

働く環境、デスクワーク

勉強する時は、静かな図書館で行う。身体を鍛える時は、一人で黙々ととトレーニングをするよりも、励まし合うことができるジムに行く。

自分に合った環境を選びましょう。環境が合わないと集中する事も、長続きもしません。大切なのは、継続すること。そのために最善の環境を選ぶことが大切です。

8. 硬い決心を持つ

志望動機の面接における答え方のポイント

何かに成功を収めたい時、なぜ成功したいのか、そして成功するためには何が必要なのかをじっくり考え、硬い決心を持ちましょう。

目的がはっきりと決まれば何をすればいいのか見えてきます。成功するためにはブレてはいけないんです。

まずはできることから行動してみよう!

人それぞれ夢や目標やその大きさにも差はありますが、まず一番大切なのは行動に起こすこと。

憧れているだけでは何も始まりません!

もし、あなたが何かに成功したいと思うのであれば、すぐにでも行動しましょう! 時間は限られているのですから。