自己分析のやり方が分からない…目的と方法

仕事に対する価値観や、自分の資質を理解し、それらをESや履歴書に落とし込むために必要な自己分析。自己分析シートや自分年表など色々な方法がありますが、一体どんな方法で行っていくのが最善なのでしょうか。今回は、就活における自己分析の目的を把握し、最後に具体的な方法についてご紹介いたします。

自己分析で何を明らかにする?

自己分析の方法、やり方

まず初めに自己分析をすることで何を明確にするのか目的を定めます。目的を定めるとそれに向かって自分の考えをまとめて行くことが出来ます。

その肝心な目的は、「自分の性質の把握」「仕事に対する価値観の把握」の2つです。

これらが明確になり、他人に説明できるようになれば、ESも履歴書も書けるようになります。それでは、この2つの目的について詳しく見ていきます。

自分の性質を把握する

性質とは、長所や短所、性格、好き嫌い、得意苦手分野などを指します。

ここで勘違いして欲しくないのは、性質の中に現在持っている資格や能力を指すわけではありません。「これからあなたは如何に伸びる可能性があるか?」ということを図るために、自分がどのような性格なのかを把握するのです。

なぜなら、企業は学生の現在の能力で合否を決めているわけではないからです。もちろん能力が非常に高い即戦力になり得る学生ならそれらも見ますが、企業から見たら学生は仕事について何も知らないので、「学生の潜在能力」を見て合否を決定するのです。

仕事に対する価値観の把握

自分がどのような人間かについて把握するとともに大切なのが、仕事に対してどう考えるかということです。これは入社後仕事を継続するためにも必要です。具体的には「どのような仕事がしたいか」「したくない仕事は何か」「プライベートとの兼ね合いはどうか」「また、それはなぜか」について把握することです。

「本当にやりたい仕事なんてわからない」という学生もいるかもしれませんが、本当にやりたい仕事にこだわらず、どんな仕事なら続けていけるか、ちょっとでも興味のある分野は何かなど、小さなことから積み重ねて考えていくことがオススメです。

中々自分が本当にやりたいことは見つかりません。それは私も、他の就活生も同様でしょう。出来ることからやっていく地道な作業が大切なのです。

具体的な方法は?

まず先ほどの二つで挙げた具体例(長所、短所、どんな仕事がしたいか、プライベートとの兼ね合いなど)を紙に書きだしておきます。そして横に「なぜそれを選択したか」を書き、さらにその横に「それを裏付ける自分の事例」を書き出しておきます。以下に具体例を示してみます。

長所:逆境に強い
選択理由:負けず嫌いで自分を追い込むと実力が発揮できるから

事例:インターンシップで周囲の学生が高い評価を得ているのを見て、悔しさからどうすれば上手くいくか指導担当にアドバイスをもらった。アドバイスを元に違うアプローチを取ると段々うまくいくようになった。結果、指導担当にも良い評価を貰うことが出来、逆境をバネに分かりやすいプレゼン方法を習得出来た。

このように、それぞれの項目を具体的に書き込んでいきます。具体的であればあるほど分かりやすく信憑性もますので、数字や具体的な内容について触れると良いです。この項目を多く作っていくと、自分の資質と仕事への価値観について具体化することが出来ます。これはそのままESや面接にも応用できるのでオススメです。

冒頭に述べた自分年表は上記を時間軸に沿って行っていくもので、就活ではよくオススメされますが、個人的にはオススメしません。表面的な思い出ばかりに気がいく場合が多いためです。とはいえ、自分に一番合った方法が良いですから、その辺りは試行錯誤してみてくださいね。

自分の潜在能力をアピールするためのもの

自己分析で大切なのは自分の資質と仕事への価値観を把握すること。自分がどんな仕事をしたいか把握し、企業に自分の潜在能力を理解してもらうことが出来れば、内定を得ることも遠くないでしょう。ぜひ、自己分析で自分の将来の働き方について考えてみてくださいね。