面接や履歴書の自己PRと志望動機ってどう違うの?

自己PRと志望動機の違い 履歴書

就活の履歴書項目や面接例としてよく挙げられる自己PRと志望動機。どちらも良く似ているし具体的な違いは何かと言われると、なかなか答えるのが難しかったりします。今回は、自己PRと志望動機の違いについて、紹介します。

スポンサーリンク

自己PRとは

自己PRと志望動機の違い

まず、自己PRとは、自分の能力や長所に関して企業にアピールすることです。企業に対し自分が如何に魅力的であるかを表現するチャンスで、自分に興味を持ってもらうために行います。

ただ、面接などではその場の脈絡なども考えなければなりません。例えば面接の最初に「簡単に自己PRをお願いします」と言われたら、大学や在籍学部の説明と、自分の得意な事やアピールポイントを簡単に紹介するだけで良いでしょう。最初に話し過ぎると後々の質問項目と被ったりするので気を付けたいところです。

志望動機とは

次に志望動機とは、なぜその企業を志望するに至ったのか、企業で何を成し遂げたいのかについて説明することです。企業や業界への熱意をアピールするチャンスで、企業と学生のミスマッチを避けるためにも重要な項目です。

基本的に、志望動機が面接の最初にくることはありません。中盤から終盤にかけて聞かれるので、自己PRと違いタイミングによって脈絡を考えなければならないという注意点はありません。いつ聞かれた場合も、企業の志望動機、志望のきっかけとなった経験、入社後の展望をストーリー立てて説明するだけです。最も大切な質問の一つなので、準備は念入りにする必要があります。

2つの違いとは?

自己PRと志望動機の特徴を見る中で分かったかもしれませんが、その2つの違いは、何を重点に置くかということ。つまり、自己PRは「企業にとって学生がいかに魅力的か」、志望動機はそれプラス「学生にとって企業がいかに魅力的か」を説明することが重要となるのです。

「学生にとって企業がいかに魅力的か」というのは学生の志望度とも直結する問題で、重要です。なぜなら志望度が低い学生に内定を出しても、入社してくれる確率が低いからです。もし同等程度の能力や潜在能力だった場合、企業はより志望度の高い熱意ある学生に内定を出します。

志望動機では自己PRと違い、自分の魅力を発信するだけでなく、企業にどれだけ興味を持っているか論理的に説明することが大切なのです。

まとめ

自己PRと志望動機の違いについてご理解いただけましたか?

エントリーシートを作成する時も、面接を受けるときも、一番大切なのは相手が聞きたい核を理解すること。質問の意図を汲み取って、面接官の求める回答が出来るように心がけてみてくださいね。