就活での履歴書は手書きで書くべき?パソコンはダメ?

履歴書

一人一台持っていてもおかしくないほど普及したパソコン。そんな情報化社会になった現在では、履歴書を手書きで書くのは非効率的と考える人も出てきました。でも、効率を求めパソコンで書いていいのか、やっぱり手書きで書くのが良いのかは就活生の悩みの一つですよね。今回は、履歴書は手書きとパソコンどちらで書くべきか、ご紹介します。

スポンサーリンク

手書き?パソコン?

履歴書は手書き、それともパソコン?

結論から言うと、新卒の履歴書においては基本としては手書きです。これまでの手書きが一般的だった流れをそのまま受け継いでいるので、まだまだパソコンで作成した履歴書は物珍しく思われる場合もあります。

特に転職ではなく新卒の場合、何百もの書類を見るので、その中にパソコンで作成されたものがあると、良い意味でも悪い意味でも目立ちます。最終的には、効率性を取るか時代の流れに合わせるかを考慮し選択することとなるでしょう。

意外と企業は気にしていない?

手書きとパソコン書きの履歴書、企業は気にしていない?

しかし、企業は意外とそこまで気にしていないというのもまた事実です。体裁より内容が大切なので、内容が充実しており企業とマッチしていればどちらでも構わないというわけです。

パソコン打ちの方が見やすい、効率性を追及する人物はうちの求める人物像と合う、など人事の中にはむしろパソコンの方が評価が良いという人もいます。実際パソコンで作成して受かっている人もいるので、企業によってはそこまで目聡く見ていないとも言えます。

企業がどんな人物を求めているのか、パソコンでの作成を推奨しているのか、説明会の雰囲気などから汲み取ってみるのも判断材料の一つです。

大切なのは中身

履歴書、重要なのは中身

「パソコンで作ったらダメ?」「やっぱり手書きが一番かな」と悩む気持ちはとてもよくわかりますが、やっぱり大切なのは中身。いくらパソコン打ちの綺麗な履歴書であっても、内容が適当だったり企業の求める人物像と異なっていたら書類選考を通過することはできません。

また逆に、少しくらい字が下手でも、丁寧に書いている様子が窺え内容が充実しており企業が欲しい!と思えば書類選考を通過することが出来ます。実際筆者の友人は、5つも誤字脱字のある履歴書を提出したのに名の知れた企業に内定を貰っていました。

どちらで作成するにせよ、自分のポイントを最大限に売り込んだ内容の履歴書が選考を通過することが出来るのです。

決めるのは自分次第

履歴書の書き方、決めるのは自分

手書きとパソコン、どちらを選択するか参考になりましたか?最終的に決めるのは自分ですが、どうしても決められない人は手書きで書く方が良いでしょう。最近ではOpenESなどWEB上で提出を求める企業も増えているので、ぜひ活用して効率的に就活を行っていきたいものですね。