就活のための履歴書の書き方、学歴はどう書けばいい?

履歴書、学歴の書き方 履歴書

自分のこれまでの軌跡を表す履歴書の「学歴」欄。職歴と合わせて記載するようなフォーマットになっていますが、具体的にどのように書けばよいのでしょうか?今回は履歴書における「学歴」欄の書き方の具体例を示した後、詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

学歴の具体例

履歴書、学歴の書き方

まず、履歴書の「学歴」欄のポイントを踏まえた具体的な書き方が以下になります。

            学歴
平成○年4月 ○○県立○○高等学校入学
平成○年3月 ○○県立○○高等学校卒業
平成○年4月 ○○大学○○学部○○学科入学
平成○年4月 ○○大学○○学部○○学科卒業見込
            職歴
       なし
                     以上

学歴の基本フォーマット

それでは詳しく見ていきます。まず一行目に、中心揃えで「学歴」と書きます。

二行目から年月日と「○○県立○○高等学校入学」から具体的な学歴を卒業見込まで書きます。

次の行に職歴、その次の行に「なし」、さらに次の行の「卒業見込」の下に位置する部分に「以上」と記載し完成です。

各履歴書のフォーマットによりますが、見栄えの良いよう書き始めは揃えるよう注意します。

学歴は「高校卒業」から

まず学歴で迷うのが、いつから書けばよいのか?ということ。新卒の履歴書では、高校入学から書くのが一般的です。

中学入学や卒業は指定のない限り書く必要はありません。大体の人は、高校入学、高校卒業、大学入学、大学卒業見込と記入すれば問題ないでしょう。

また、予備校などは学歴欄には含まれませんのでご注意ください。

必ず正式名称で

「高校」と口では言ってしまいがちですが、必ず正式名称「高等学校」で記載します。「○○県立○○高等学校入学」という具合です。

大学に関しても、「○○大学○○学部○○学科入学」と正式名称で学科まで記載します。新卒の場合まだ大学は卒業していないので、必ず「卒業見込」と書くようにします。

職歴にアルバイト経験は不要

学歴欄と共に書く形式が多い職歴欄ですが、アルバイトやパートの経験は記入しません。ですので新卒で就活を行う大学4年生や3年生は、ほとんどの場合「なし」と記載すればOKです。職歴の「なし」の後は必ず「以上」で締めるようにしてくださいね。

嘘は絶対NG

当たり前のことですが、自分の学歴があまり良くないからといって詐称することは絶対にしてはいけません。入社前に調査を入れる所もありますし、バレてしまったら内定取り消しのみならず人事の間でブラックリストに入ってしまい、他企業へ内定がもらえなくなる可能性もあります。

等身大のあなたでも雇ってくれる会社は必ずあります。学歴に自信が無くても、別のアピールポイントを売り込むようにしていきましょう。

丁寧に書くことも大切

履歴書における「学歴」欄の書き方について参考になりましたか?意外と知らなかった方も多いかもしれません。学歴で大切なのは、正式名称で見栄え良く書くこと。丁寧に書くのはもちろん、中心を綺麗にそろえたり、数字も綺麗に書くよう心がけてみてくださいね。