OB・OG訪問とは?絶対に行かないとダメ?

OB・OG訪問とは OB/OG訪問

就活をしていると頻繁に耳にするOB・OG訪問。「OB・OG訪問とは?」という疑問はもちろん、「そもそもOB・OGって何?」という学生もいるかもしれません。そこで今回は「OB・OG訪問とは?」という学生の疑問を解消するため、その基本的な部分から説明します。

スポンサーリンク

OB・OGとは?

OB・OG訪問とは

まず就活でたびたび耳にするOB・OGという言葉。OBはold boy、OGはold girlという英語の略で、既に大学を卒業した先輩のことを指します。両社の言葉の違いは、男性か、女性かということだけです。

特にサークルや部活動を引退した先輩に対し使われることが多いですが、就活でも多く使われている言葉です。諸外国でもold boy、old girlという英語は使われますが、日本語のようにOB・OGと短縮することはなく、OB・OGは和製英語の一つとなっています。

OB・OG訪問って?

つまり、OB・OG訪問とは、既に大学を卒業し企業に就職した先輩を訪問することです。

新卒学生が就職活動の一環として行うことが多く、志望する企業で実際に働く先輩社員に話を聞くことで、会社の理解を深めるために行います。

基本的にOB・OG訪問は学生自らが自主的に行うものですが、先輩社員との座談会を設けるなど、OB・OG訪問を企業側が開催している場合もあります。方法としては、身近な人からのツテで訪問する人もいれば、会社に直接電話し「OBを紹介して頂けませんか?」とお願いする場合もあります。

自分の大学を卒業したOB・OGなので、どのようにして採用試験を通過していったか等、就職活動に関する話を聞くことも教えてもらえるかもしれません。

OB・OG訪問は行くべき?

その企業への志望度が高かったり、業務内容がよく分からなかったりする場合は、OB・OG訪問を活用するのも一つの手です。

訪問し話を聞くことで企業理解が深まるという利点があるのはもちろん、その企業へ入社したいという熱意をアピールする機会にもなります。そこで先輩社員から評価が高ければ、リクルーター面談(採用活動を補助するリクルーターと呼ばれる社員と個別に行なわれる面談。

一括の採用試験とは別に行われる)に繋がるかもしれません。また、表面からでは分からない企業の問題点を知ることも出来るかもしれませんので、その企業に興味があるなら話を聞かせてもらうのも一つの手段です。

まとめ

OB・OG訪問についての疑問は解消されましたか?

OB・OG訪問は上手く使えば、企業理解や入社への熱意をアピールする良い機会となります。先輩社員の仕事状況や都合を一番に優先して、時間があるときには話を聞いてみてくださいね。