看護師の就活っていつから始めるべき?

看護師,就活,いつから 看護師の就活

看護師の就活のスケジュールとして、自己分析、情報収集、病院比較、選考準備など就活に必要なことは色々あります。それらをいつから始めたら良いのか、計画作りから就活は始まっているといって過言ではありません。

スポンサーリンク

看護師の就活はいつから始めるのがよいのか

看護師,就活,いつから

準備の早い人は12月頃から就活を開始しています。3月の春休みを利用して個別の病院のインターンシップや見学会に行くために事前に情報収集などを行うためです。

実際の選考は早くて5月頃からスタートします。それまでに選考に参加する志望病院を決めておくと良いです。9月までには就活を終わらせて、10月以降は国家試験の準備に当てられるようなスケジュールを計画すると良いと言えます。

時期ごとにやるべきこと

看護師,就活,いつから

12月~2月:情報収集

まず、就活がスタートする12月から2月にかけて、どんな病院で働きたいか、自分がなりたい看護師像をふまえて、目標を設定したり、情報収集を行います。

2月~7月:見学会に参加

次に、2月から7月にかけて、自分が集めた情報をもとに、実際に病院を見に行きます。職場の雰囲気や福利厚生の度合いなど、見学会やインターンシップに積極的に参加して、現場の雰囲気を感じながら、より具体的に情報を収集していきます。

そうして、志望する病院を決めて選考試験に臨みます。

夏休み~9月:内定を目指す

なぜ、その病院を志望するのか、その病院でどのように働きたいのかを明確にして選考に臨みます。多くの人は、国家試験の勉強に集中するために、早めに内定をもらうことを意識して、夏休みまでには選考を受けています。9月までに内定を貰っている人の割合は72%と言われています。

計画的な就活を!

看護師,就活,いつから

看護師の就職でいつから就活を開始すればよいのかをまとめると、12月から計画を開始し、情報収集をして、5月から7月に選考が行えるように計画を立てるのがおすすめということになりますね。