介護士になるための資格と取り方

保育士,資格 介護士の就活

介護士の資格はいくつかあります。介護の仕事をするにあたっては、勤務する事業所によっては何かしら資格を所有する必要があります。
 

介護士の資格に関してはいくつかあるのですが、介護福祉士といわれる国家資格と介護職員初任者研修というものが特に有名です。
 

これらを含めて介護に関する資格を所有するすることで介護業界への就職がしやすくなったりしますし、職種によっては有資格者でないと介護士として就業できないものもあります。

スポンサーリンク

介護福祉士の資格の取り方について

保育士,資格

国家資格である介護福祉士の資格取得の方法は3つあります。
 

まず専門学校や大学や短大など介護福祉士を養成するための学校に入学し、そこで所定の勉強や実習を経て試験を受け資格を取得する方法です。この場合は学校を卒業すると同時に資格が得られるので、資格取得までには少なくとも2年はかかります。
 

またいずれかの介護施設に無資格の状態で就業し、3年以上の実務経験があり一定の時間数勤務していれば受験資格を得られます。
 

さらに現在では高校においても介護福祉士を養成するための学科があり、高校卒業時に試験を受けるという方法もあります。

介護職員初任者研修の資格の取り方について

介護士,資格,メリット

介護職員初任者研修はかつてのホームヘルパーの資格に該当するもので、介護福祉士の資格を取得するよりもかなり短い期間で資格を取得することが可能です。
 

資格の取り方としては資格取得のためのスクールに通う、もしくは普段は自宅で勉強して実技の勉強の時はスクールに通うといった学び方が可能です。
 

この介護職員初任者研修については以前のホームヘルパーとは違い、最後には修了試験を受けてから資格を取得することが可能です。

介護士関連資格を取得することのメリット
介護士の需要はますます高まっています。介護士の仕事は体力と気力の必要な仕事ですが、その分やりがいもあるといえるかもしれません。そんな介護士としてキャリアを積むには資格取得は避けて通れません。 今回の記事では、介護士関連資格を取ることの...