就活の自己分析って何のため?やらなきゃダメなの?

就活の中で企業研究などと並んでよく言われる自己分析。漠然とは理解していても、それほど必要性を感じなかったり、面倒がってまだしていないという人もいるのではないでしょうか。今回は就活における自己分析に焦点を当て、その意味と行う理由についてご紹介いたします。

自己分析とは?

就活、自己分析をやる理由

自己分析とは、自分について深く知る作業全般を指します。

「自分がどんな仕事に就きたいか」「どんな仕事が向いているか」など仕事に関する推察から、「自分はどういう性格か」「学生時代は何をがんばったか」など性格や経験に関する推察まで含みます。

就活における自己分析は特に、ES作成や面接対策のために用いられます。頭の中だけで組み立てる人や、自分年表を作ってみる人など、その程度や方法に差はありますが、全ての学生が行っていると言っても過言ではありません。

なぜ行うのか?

自己分析を行う一番の理由は、現実的にはES作成と面接対策をするためです。

実際にESを書くとなると、「大学時代にがんばったこと」「自分の長所や短所」など自分に関することの記述が多く、自分の経験や考えをより具体的に説明する必要が出てきます。漠然と持っていた自分の経験や考えを、明確なものとして論理立てて文章化するのです。自分の魅力を論理的に伝えるために自己分析は必要なのです。

ただ、業界研究や職種研究でも「自分はどんな仕事に就きたいか」について考えているので、知らず知らずの内に自己分析をしていることになります。自己分析だけを切り離して考えず、それらの研究結果と合わせて擦り合わせていくと対策しやすく、志望企業に適したESを作成することが出来ます。

自己分析の落とし穴

自己分析は自分の過去を振り返る物なので、緊張したり企業研究をしたりする堅苦しい就活の中では、楽しい作業かもしれません。過去の経験を振り返ったりそこから自分の将来の展望を想像してみたりするのは、考えやすくわくわくするするものです。

しかし、自己分析はその性質から、いつでも何回でも出来るものなので終わりがありません。過去の思い出に浸るばかりで分析にまで至っていない場合もあります。

そうならないためには「就活に活かせる自己分析」を念頭に置く必要があります。ですので、自己分析をした後にESを作成するのではなく、ESを作成しながら経験を思い出し書き加えるというように、連動して行っていった方が良いでしょう。

自分について理解するために

自分について理解し明確化する自己分析。自分を企業にアピールする就活では必須の作業です。ぜひ、業界研究や企業研究と合わせて行なって、自分の魅力を最大限に企業に伝えられるよう、やってみてください。