気になる就活の服装「私服でOK」って本当に?

就活が始まっていよいよ説明会というとき、「服装ってどうしたらいいの?」という疑問は就活生なら誰しもが持つ疑問です。私服でOKなんて言われても、本当に?と疑問に思うものですよね。今回はそんな就活時の服装について、基本となるスーツスタイルを女性、男性それぞれに分けてご紹介します。

就活のスーツスタイル(女性)

気になる就活の服装「私服でOK」って本当に?

女性の場合スーツは、スカートスタイルとパンツスタイルがあります。スカートの場合は座ったときに膝が少し見えるくらい、パンツスタイルはくるぶしが見えずヒールが少し隠れるくらいの長さが適切です。

スーツ専門店で買う場合は長さについてもアドバイスしてくれるので、遠慮なく相談してみると良いです。加えて、スカートの場合、薄手の肌色ストッキングを履きましょう。

髪は清潔感があるよう長い人はまとめます。髪留めは黒ゴムが無難ですが、派手でなければ黒のシュシュやバレッタを付けても問題はありません。

就活のスーツスタイル(男性)

気になる就活の服装男性

男性の場合もパンツは革靴が少し隠れるくらいが適切です。ネクタイは派手でない色・柄を選び、自分でしっかり結べるよう鏡を見て練習しておく必要があります。

男性の場合、個人個人の体格差があるので、試着の際は肩幅がちょうど良いか、もたついて見えないか、色味は自分と合っているかなどを確認しましょう。

また、スーツのボタンは基本的に、2つボタンの場合は上だけを留め、3つボタンの場合は真ん中だけを留めます。スーツの種類によって異なるので購入の際に店員さんに確認してみることをおすすめします。

また意外と男性が見落としがちなのが髪の毛です。寝癖がついていないか、前髪が長すぎないかなど確認し、清潔感を心がけましょう。

共通のチェックポイント

男女とも、カバンは黒のカッチリしたタイプを選びましょう。説明会や面接時に床に置く機会がたくさんあるので、そのたびに倒してしまうともたついた印象を与えます。床にいても立つようなカバンがおすすめです。

その他には、派手なネイルを付けていかない。靴は汚れていないか、スーツにシワがないか、職場にふさわしいメイクか、香水はきつくないか等をチェックしておきましょう

大切なのは清潔感

以上、就活に適した服装についてでした。少しでも悩みの解消に役立ったでしょうか?就活の服装で一番大切なのは清潔感です。相手にどんな印象を与えるかを考えると、自ずと正解は見えてきます。第一印象で良く思われるよう、バッチリスーツスタイルを決めていきましょう。