クラウドソーシングとSOHO、フリーランスの違いは何?

最近は、働き方も多様になってきました。よく耳にする言葉で、「クラウドソーシング」「SOHO」「フリーランス」などがあります。どれも似たようなことを指していることが多く、混同している人も少なくないようです。

この記事では、「クラウドソーシング」「SOHO」「フリーランス」の違いについて、考えてみました。


「クラウドソーシング」「SOHO」「フリーランス」の定義

クラウドソーシング,SOHO,違い

「クラウドソーシング」「SOHO」「フリーランス」には、共通点もありますが、違いも多々あります。wikipediaでは、「クラウドソーシング」「SOHO」「フリーランス」を以下のように定義しています。

クラウドソーシング「不特定多数の人の寄与を募り、必要とするサービス、アイデア、またはコンテンツを取得するプロセス」
SOHO「パソコンなどの情報通信機器を利用して、小さなオフィスや自宅などでビジネスを行っている事業者」
フリーランス「特定の企業や団体、組織に専従しておらず、自らの才覚や技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主もしくは個人企業法人」


雇用状態の違い

クラウドソーシング,SOHO,違い

クラウドソーシングは、主にネット上のクラウドソーシングサイトを通じて行うことが多いです。クラウドソーシングというのは、不特定多数の人材の中から募集し雇用関係を構築するものですので、個人事業主として雇用主と契約する人もいれば、そこで見つけた会社に就職するということもあり得ます。

SOHOは、特定の法人等に所属せずに、個人事業主として、在宅でビジネスを行うことを指していることが多いです。SOHOは、クラウドソーシングの会社を介せずに、自力でインターネット等を利用して契約することもあります。基本的には、比較的小さなオフィスや自宅内のスペースで行われるビジネスを指しています。

フリーランスというのは、特定の企業や団体から独立してビジネスを行っている人のことを指します。企業や団体から独立している個人という意味では、SOHOと共通していますが、フリーランスの場合必ずしもオフィスで作業をしているとは限りません。


具体的な仕事の内容と業種の違い

就活,写真,スマホ

また、クラウドソーシングは、あくまでも雇用関係や契約関係を結ぶための手段ですので、必ずしもパソコンを使った仕事とはかぎりません。そのため、一般事務・データ入力・アプリ開発・翻訳・通訳・資料作成等の仕事の幅が広いです。

日本では認可されていませんが、タクシーのような配車システムをネット上で行う「Uber」というサイトや、家事代行サービスなどもクラウドソーシングです。これらの仕事のように、仕事の契約を結む相手を見つけるのにはネットを使用しますが、実際の仕事内容なITと全く関係ないものも多いです。

それに対してSOHOは、一般的にパソコンを使った仕事にかかわることが多いです。そもそもSOHOというのは「Small Office, Home Office」の頭文字をとったものなので、自宅や小さなオフィスにパソコンを置いて仕事をする人、というイメージで間違いないでしょう。

実際にどんな仕事があるのかというと、ライティングやWeb作成・運営、画像・イラスト制作や写真加工などが多いです。

フリーランスとしての仕事も多岐にわたります。作家、アナウンサー、ジャーナリスト、写真家、デザイナー、通訳、プログラマー、塾講師やプロレスラーも含まれることがあります。


働き方や労働時間の違い

就活,便利,グッズ

クラウドソーシングは、会社員・主婦等の別の仕事を持っている人が、空き時間を使って行うことも多いです。

一方、SOHOやフリーランスは、特定の会社に所属せずに、特定の仕事に専業で専念するケースがほとんどです。フリーランスは、もともとは企業や団体に属していた人が、独立して事業を行うという印象が強いでしょう。

フリーランスは、企業や団体に所属していない働き方であり、その中でも自宅や小さなオフィスでパソコンなどを使用して仕事をする人がSOHOであると言えるのではないでしょうか。

そして、フリーランスやSOHOの人たちがクラウドソーシングを介して仕事を見つけることもあります。

まとめると、クラウドソーシングというのは雇用や仕事契約を結ぶための「手段」であり、フリーランスは企業や団体から独立しているという「状態」を指し、そしてSOHOは個人オフィスや家庭内オフィスという「仕事場」を強調した言い方であると言えます。

また、似たような働き方に「ノマド」とか「ノマドワーカー」という言葉もありますが、これはオフィスや店舗などの場所にとらわれないで働く「形態」を指しています。つまり、ノマドはフリーランスでもあり得るしクラウドソーシングを利用しているかもしれないけれども、SOHOではある可能性は小さいと言えるでしょう。

信頼できるクラウドソーシングサイト【Bizseek】

日本最大級のクラウドソーシング【クラウドワークス】


クラウドソーシングサイトおすすめ

無料登録できるクラウドソーシングサイトおすすめ

クラウドワークス



テレビや日経新聞で話題、日本最大級のオンラインお仕事マッチングサイトです。

エンジニア・デザイナー・ライターが中心! 会員登録と発注手数料が一切無料でノーリスク。登録社数110,000名突破という急成長中のクラウドソーシングです。

扱っている案件は、ホームページ制作・LP・バナー・ロゴ制作 アプリ・ウェブ開発 ライティングなど、いろいろ。


Bizseek



ワーカー手数料業界最安級、初めての方にもわかりやすいプラットフォームが特徴です。

登録時には本人確認が必要なので、トラブルが起きにくい点が人気。