就活の面接会場には何分前に着いておくべき?

就活,面接,何分前 面接

就活の際の面接会場には、何分前に着いておくのがよいのか、迷ってしまう人もいると思います。就活の面接において、時間の管理はとても大切。修飾語の自己管理能力の目安とされる場合もあります。

とはいっても、複数の面接をこなすためには、時間を少しでも有効に使いたいのが本音ですよね。

今回の記事は、就活の面接会場には具体的に何分前に着いておくべきなのかについて、考えてみます。


スポンサーリンク

面接会場付近には40分前到着が理想的

会社説明会とセミナーの違いって何?

就活をしていると、面接会場には何分前に着くのがベストなんだろうと迷うことがあると思います。

基本的には、気持ちに余裕を持つために、会場付近に約40分前には到着しておくことをおすすめします。

面接会場の近くのカフェなどで面接のイメージトレーニングをしたり、身だしなみを整えて万全な状態で時間調節をしながら待ちます。


就活の面接会場には15分前に入ろう

これは社会人になり企業訪問をする際にも言えることですが、約束の時間よりも早く着きすぎると、先方を急かしてしまうためにタブーとされています。

では、何分前に面接会場へ足を踏み入れるかというと、就活の場合は15分前に到着するのが理想的です。

この時に焦って15分前に到着するのと、余裕を持って15分前到着するのでは、その後の心の余裕に違いが生まれてきます。

ですので、失敗の許されない就活では、余裕を持ちながら15分前に到着するとよいでしょう。

このためにも、先ほどお話した時間調節はとても大切です。


道迷ったときの遅刻の連絡は早めに

就活メールでスマホはNG

面接は、自分のために企業担当者が時間を割いてくれていると思うと、遅刻なんて出来ないですよね。

もし、面接会場に赴く途中で道に迷ったときには、相手側に連絡して道を確認することもあるでしょう。

こんな場合にも、時間ギリギリに道を聞かれる方としては遅刻と断定するしかない状況になってしまいます。これが30分前の連絡だと、「遅れるかもしれない」と担当者も気にかけてくれる可能性が高くなります。

仕事をする上で、時間管理は相手を思いやることが大切です。相手の貴重な時間を奪わないためにも相手のことを思い、行動しなければなりません。

就活の面接はその大きな第一歩です。


最終的には相手を思いやる気持ちが大切

就活,面接,何分前

面接官は面接という仕事を一生懸命こなします。ですので、面接を受ける側も全力で面接をこなすことが必要です。

何分前に面接会場に行けばいいか悩んだ時は、相手のことも思いやり行動することで答えが見えてきます。