圧迫面接とは何?圧迫面接をするのはブラック企業なの?

圧迫面接とは 面接

就活の中で問題となっている圧迫面接。中には自分も圧迫面接をされた、友人から話を聞いたという就活生もいるのではないでしょうか?学生にとって圧迫面接はとてもつらいもの。今回はその圧迫面接の基本から、圧迫面接をする理由について、解説します。

スポンサーリンク

圧迫面接とは?

圧迫面接とは

圧迫面接(あっぱくめんせつ)とは、面接官が学生に対し、意地悪な質問や威圧的な態度を行ったりする面接のことを指します。

単純に面接官の元々の性格や話し方によって圧迫面接になっている場合もありますし、企業によってはあえて圧迫面接を取り入れている場合もあります。学生にとっては辛いかもしれませんが、正当な圧迫面接は学生の資質を図るためにとても便利なものなのです。

正当な圧迫面接

圧迫面接には、正当な類のものとそうでない類の2種類があります。正当な圧迫面接は、あえて学生を圧迫することで、学生のストレス耐性と機転を図っているのです。

例えば「うちの会社にはあなたは必要とは思えないな・・・」と言われた時、カッとなって怒るタイプなのか機転を利かせて「自分の○○な能力は御社に活かせると思います!」と言えるタイプなのかを図っているのです。

特に接客関係の仕事だとクレーム対応が必須となるので、ストレス耐性があるか見極める必要があるのです。

気を付けたい圧迫面接

正当でない圧迫面接の場合は、特に理由もなく、あるいは理由があっても過剰に行ってきます。この場合はブラック企業の可能性、あるいは上司がそうなる場合は高いと言えそうです。

自分の会社だけで就活を終わらせるよう強制するオワハラ(就活終われハラスメント)まがいの圧迫面接をする企業も中にはあります。最終面接で「これ以上就活しないように」と詰め寄ってくるような会社です。

そのような会社に流されてしまわないよう、就活における自分の軸をしっかり持って面接に臨むようにしてください。あまりにひどい場合は周囲に相談したり、法的手段を考えたりする必要もあります。

圧迫面接に耐えよう

これまで述べてきたように、圧迫面接を行う会社がすべてブラック企業という訳ではありません。ストレス耐性や機転を図るなど理由があって圧迫面接を取り入れている会社もあるのです。

それを知らずに「圧迫面接をしてきたからブラック企業」だと思い込み、せっかくのチャンスを逃しては元も子もありませんよね。圧迫面接の種類や具体例について事前に知り、対策を練っておくことも大切な事の一つです。

まとめ

就活における圧迫面接についてご理解いただけましたか?

圧迫面接の中には、乗り越えなければならない試練として学生に課されている場合もあります。圧迫面接をされたら企業から期待されているのだと思って受けてみてください。強い意気込みで答えていると面接官も見直してくれるかもしれませんよ。