前もって準備しておきたい、面接で聞かれる質問の種類

就活,面接,質問 面接

就活の正念場となる面接で、いくつもなされる面接官からの質問。どのような質問がなされるのか、就活を行う学生にとっては気が気でなりませんよね。今回は、面接ではどんな質問があるのか種類ごとにピックアップしました。

スポンサーリンク

1.絶対押さえる質問

就活,面接,質問

面接の場で必ずと言って良い程行われる3つの質問があります。

「志望動機」「学生時代頑張ったこと」「長所・短所」です。これらの質問は1次面接から最終面接まで行なわれます。このポイントは、ESに沿った回答をすること。

面接官の手元にあるESには「グローバルに仕事をしたいから」と書いてあるのに、口頭では「地域貢献したいため」と言ったらチグハグな感じを受けますよね。ESは必ずコピーを取っておき、後で見直せるようにしておきましょう。

2.連鎖系の質問

2次面接、3次面接とあがるにつれて多くなるのが、回答に対しさらに質問を重ねてくる連鎖系の質問。

例えば「学生時代頑張ったこと」に対し「飲食のアルバイトで業績を上げたことです」と答えたら、さらに「そこではどんな役割だったの?」「業績って具体的に?」などと深い内容を知るために質問を重ねてきます。

このような質問に備えるため、ESに記述した以外のことも思い出しエピソードとして答えられるようにしておく必要があります。

3.会社について問われる質問

面接では、自分のことだけでなく会社について聞かれることが多々あります。

例えば「うちの会社の長所と短所って何だと思う?」「他社とうちの違いってどこにある?」「うちの会社のどこに共感したの?」等。この質問は志望する会社について知っていなければ答えることが出来ません。

新聞やネットで情報を集めるだけでなく実際に説明会に赴くと、より具体的な情報を得ることが出来ます。

4.ユニーク系の質問

面接の中でたまに出会うのがユニークな質問。

例としては、「あなたを天気に例えると何ですか?」「取引先との会合に遅れたら何といい訳しますか?」などがあります。これに対しては準備のしようがありません。

面接官もパッと答えることを想定してはいないので、「そうですね・・・」等と時間を少し稼ぎながら、自分を表現できる回答を述べましょう。この質問に関しては、回答自体の質よりも、考えて答えを出す「やる気」や機転力などを見ていると言えるでしょう。

まとめ

面接における4種類の質問をご紹介しましたが、いかがでしたか?

面接の質問に対しては、準備できるものは念入りにしておくと、自分の緊張をやわらげることも出来ます。出来ないものに関しては堂々と、自信を持って答えることが大事。ハキハキとした若さも武器に面接に臨んでくださいね。