自信をもって面接に望む、就活の面接で失敗しないコツ

自信をもって面接に望む、就活の面接で失敗しないコ 面接

就活の中で一番の正念場と言えば面接。友人に面接対策をしてもらったり、志望動機を一生懸命考えても、面接当日はどうしても緊張してしまいますよね。今回はそんな就活における面接に、少しでも安心して臨むためのコツを5つ、紹介します。

スポンサーリンク

1.頭の中でロールプレイングをする

自信をもって面接に望む、就活の面接で失敗しないコ

一つ目のコツは頭の中で面接をロールプレイングすること。面接当日にいきなり面接官の質問に答えようと思っても難しいもの。面接でどんな質問がされるか予想して、頭の中で面接を体験してみましょう。

「志望動機はESにも書いたし何とかなるだろう」と思っていても、意外と面接の場になると緊張して言葉が続かなかったりします。一度頭の中で面接をロールプレイングしておくと、志望動機などの論理立ての練習にもなり、当日言葉に詰まる心配を減らすことが出来ます。

2.本命以外も受けてみる

第一志望の企業が固まっている人もそうでない人も、一度本命以外の企業の面接を受けてみるのがおすすめです。そこまで入社希望の意志が高くない企業でも、面接の雰囲気を掴むことが出来ますし、自分には何が足りていないか知ることが出来ます。

また就活生の中には面接慣れしている人もいるので、観察して自分のスキルアップにも繋げられます。一度面接を疑似体験しておくと、本命企業での失敗を避けることが出来ます。

3.一貫性を持ってアピールする

面接で自分をアピールしようと思ったとき、学生が陥りがちなのが「アレも出来ます。コレもやります」というアピール。アレもコレもとアピールしたくなる気持ちは分かりますが、一貫性が無いと面接官に「この学生は何をやりたいんだ?」と疑問に思われてしまいます。

志望動機から学生時代頑張った事に関してまで、自分を一つの軸に沿って形作るようにし一貫性を持たせるのがコツの一つ。自分の良さをより効果的に伝えることが出来ます。

4.面接官も人間の一人

面接官というと、自分を査定する厳しいナニカという感じがしますが、そんなことはありません。面接官だって一人の人間です。その会社の一社員であり、家族を持っていたり、土日は趣味に没頭していたり、あなたやあなたの両親と全く同じなのです。

言葉や行動に丁寧さを持つのは大切ですが、ガチガチになることはありません。だからと言ってフランクになりすぎるのにはご注意を。

5.緊張は悪いことではない

いくら練習を積んでも、面接当日は緊張する人が大半だと思います。多くの人は「緊張したら嫌だなあ・・・」と考えると思いますが、緊張すること自体は悪いことではありません。

自分の今後を決める大切な事柄なので、緊張するのはある意味当たり前です。面接官も学生が緊張しているのを踏まえて評価しますし、中には「緊張するほど自分の会社を本気で受けてくれているんだ」と思う人もいます。

まとめ

以上、就活における面接のコツを5つご紹介しました。面接当日は誰しもが緊張するもの。その緊張さえも本気度の表しと思って味方に付け、安心して面接に臨んでください。あなたと一緒に仕事をしたいと思う企業にきっと出会えるはずですよ。