就活で面接時のコートはどこで脱ぐべき?

就活,面接,コート 面接

冬や春先に就活をする場合、コートを使用することがあります。今では就活用スーツとセットで購入でき、ビジネスシーンに向いたコートも数多く存在します。

しかし、このコートに関してビジネスマナーがあることをご存知でしょうか?

企業訪問をする際は、コートを脱ぐことが鉄則ですが、ではどの段階でコートを脱ぐのが正解でしょうか?


スポンサーリンク

就活の面接でコートを脱ぐタイミング

就活,面接,コート

就活の面接でコートを脱ぐタイミング、答えは企業の門をくぐる前です。もっと言うと、企業の入っているビルの前で脱ぐと間違いがありません。

企業の中で脱ぐと見た目にも悪いですし、マナー違反とされています。

面接を受ける企業の建物の前に到着したら、まず自分の気持ちを切り替えるためにもコートを脱ぎ、この時にきれいに畳みます。


畳んだコートは手にかけて持つ

就活,面接,コート

畳んだコートは、手にかけて持つかスペースがある時はバッグに入れておくとスマートでいいですね。

就活でコートを脱ぐ際によく勘違いされがちなのが、面接会場入り口の直前でコートを脱ぐことです。

面接企業に一歩足を踏み入れると、隅々まで面接官は目を光らせています。そんな時に、社会人マナーを守っている人の方がポイントが高いですよね。


面接ではビジネスマナーもチェックされている

個人面接と集団面接って一体なに?

面接とは、面接官と対面している時だけが本番ではありません。自分の知らないところで、細かなビジネスマナーもチェックされています。

企業担当者は、面接という短い時間で将来を見据えて人を見抜かなければならないので、細かなところまでチェックするのです。

自分達が将来を決めるために仕事を選ぶ様に、企業も真剣に人選をします。

早い段階でビジネスマナーを身につけると、社会人になってから自分に自信を持つことができるでしょう。


面接後のコートの着用はいつ?

就活,スーツ,何着

また、忘れてはならないのが面接後のコートの着用についてです。

脱いだ時と同じ様に、企業やビルを出てからコートを着用するということも頭に入れておきましょう。