プログラミングを独学で習得することは可能?その方法とは

プログラミング,独学,方法 IT業界

プログラミングを独学で勉強したいけどどんな方法で勉強すればいいのかわからない、と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

どうすれば挫折せずにスキルを習得できるのか、アイデアとポイントを紹介してみます。


スポンサーリンク

独学で学ぶ下準備!

プログラミング,独学,方法

プログラミングには様々な言語があるので、まずは自分がどんなものを作りたいのかによって学ぶ言語が変わってしまうので、具体的な内容を決めていきましょう。

1.持っているPCはWindowsかMacか
2.OSのバージョンは?
3.どんなものを作りたいか

例1 Windowsでゲームを作りたい
例2 携帯アプリを作りたい
例3 Webサイトを作りたい

4.先ほど紹介した例でどんな言語がおすすめか紹介しましょう。

例1 C、C++、Pascal、VB、Java等
例2 iPhoneアプリ:Swift Android:Java
例3 HTML、CSS、JavaScript、PHP、Java、Python等

5.それぞれの開発にあった環境構築やツールの導入や使い方、設定などを知らなければいけません。

環境を構築する方法を調べるだけでもかなり苦労するかもしれません。書籍やネット上の情報を参考にしながら、一つずつしっかりと覚えましょう。

プログラミング言語の学習!

プログラミング,独学,方法

語学を独学で勉強するのと同じように、それぞれプログラミングの言語にも単語単位に意味があります。何度も書いたり消したりして、正常に動くようにしっかりとコードを書いて、実行しては消して、を繰り返してみましょう。

文法等もあるので、ある程度公式や型など覚えれば、応用で色々とできるようなり、段々とやれることが広がるので楽しくなってくるはずです。

反復することが苦手でなければ、語学よりも簡単に覚えることができます。毎日コツコツとやっていく方法が、一番プログラミングを独学で覚える近道です。

ある程度覚えたら何かを作ろう!

プログラミング,独学,方法

言語によってどんなものを作るかは変わってしまうので何とも言えないですが、それぞれの言語に合った簡単に作れるものをまずは作ってみよう。

プログラミングの場合、自身で作ったものに関しては大切な財産になるので、くだらないものでもバンバンと作っていくと、いい感じに経験も積め一石二鳥です。

他人のコードやサイト等で調べて自分流にアレンジしていく方法も重要でしょう。


最短で効率よく学ぶならコース受講がおすすめ

まずは自身で無理に頑張るのでなく、楽しんで学習していくのがプログラミングを独学で身につけるコツと言えるでしょう。

ただ、やはり独学というのは回り道も多いものです。学習途中で挫折してしまう人も少なくありません。

できるだけ効率よくプログラミンを身につけるなら、専門のコースを受講して勉強するのがおすすめです。特にパソコンを使い慣れていない人や、何からはじめたらいいのか分からないという人は、一からていねいに教えてもらえるコースが結果的に近道となるでしょう。

コストはかかりますが、その分時間と無駄な労力を消耗しなくてすむというものです。本気でプログラミングをマスターしたいなら、検討してみるべきかもしれませんね。