SEとプログラマーの違い、どっちが稼げる?必要な資格とは?

最近テレビやネットで話題の職業といえばSEとプログラマーです。今では子どものころからプログラミングを習う機会も増え、今後ますます需要が高まる職種といっても過言ではないでしょう。

しかし「SEとプログラマー、名前はよく聞くけど実際はどう違うの?」と思う学生の方、大人の方も多いことでしょう。またその仕事内容をあまり知らない方もいらっしゃることと思われます。

ここではSEとプログラマーふたつの職業の違いやおおまかな仕事内容、給料の差、就職・転職に必要な資格を解説していきます。これから就職活動をおこなう方や転職を考えている方はぜひご覧ください。

SEとプログラマーの違い

SEとプログラマーの違い

SE(システムエンジニア)はクライアントからの要望を聞き、それをもとに、どういったシステムにするのか・どういったプログラミングを取り入れるのかといった「システムを設計する人」のことを呼びます。そのほか見積書作成やスケジュール管理もおこないます。

一方プログラマーは、そうしてSEが設計したシステムを忠実に再現するための「プログラミングをおこなう人」のことです。一度に複数の案件を抱えることもあります。

クライアントとプログラマーの中間に立つのがSEですが、大半のSEはプログラマーを経験しています。これはプログラミングのことを熟知していなければシステム設計はできないという理由からです。

SEとプログラマー、稼げるのはどっち?

さて、気になる給料ですが、プログラマーを経てSEになるという観点からも、稼げるのはSEということになります。

プログラマーの平均年収は約400万円です。プログラマーの上位職であるSEはこれを上回る給料を稼げることがほとんどですが、案件の数や実績が多い場合によってはプログラマーはSEよりも高い給料を稼げるケースもあります。しかし、そのぶん作業量も増えることも忘れてはいけません。

ふたつの仕事内容をじっくり比較し、自分に合った労働環境を選びましょう。

SEやプログラマーになるために必要な資格

SEやプログラマーには資格は必須ではありません。ですが、資格手当制度や合格報奨金制度があることや、自分のスキルをクライアントや面接時に証明するために有利になるために資格を取得するプログラマーも数多くいます。

一般的な国家資格として「基本情報技術者試験」「応用情報技術者試験」があります。SEやプログラマーを目指す場合には取得しておいて損はない資格です。

また、基本的な「ITパスポート」や、いくつかの国家資格(「高度情報処理技術者試験」)、大手企業や世界で通用する資格「オラクルマスター」「Linux技術者認定」「シスコ技術者認定」もあります。

中には更新が必要な資格(「シスコ技術者認定」)もあるため、目指すキャリアによってどの資格を取得するか検討してみることをおすすめします。

SEとプログラマーの違いまとめ

SEとプログラマーの違いは「クライアントとコミュニケーションをとりながら設計書を作成するか(SE)、SEの指示どおりにプログラミングを進めるか(プログラマー)」です。

コミュニケーションに自信がある方やプログラミングの知識を深めたい方、見積書作成といった事務作業が苦ではない方はSEを、とにかく実績を作りながらプログラミングに没頭したいという方はプログラマーを選択することをおすすめします。

また給料の違いにもぜひ着目していただき、理想の収入を得られるか否かをじっくり考えてみましょう。

より高い収入を得たい場合やキャリアアップを目指す場合には資格取得も欠かせません。その場合、企業が求める資格や基本的な資格を押さえ、徐々に高難度の資格取得を視野に入れるとよいでしょう。

IT業界へ転職したい!必要な資格と取り方

プログラミングを独学で習得することは可能?その方法とは