【IT業界への転職】仕事の合間にプログラミングを学ぶ方法

現代ではIT社会と呼ばれるようになり、IT関連の知識は一般教養に含まれるようになりました。専門的な知識・スキルが必要とされる分野のプログラミングは、まだ専門的な分野として確立されています。

そのため、プログラミングのスキルがあるだけで、仕事を見つけられる、転職をする事が出来るなどの魅力的なものとなっています。

ただ、IT業界への転職を考えている人の場合、今の仕事を続けながらプログラミング学習をしたいと思っている人も多いでしょう。そうなると、仕事の合間に学習することになりますが、そのためにはどうするのが最も効率的なのでしょうか。

プログラミングを学ぶことで転職は圧倒的に有利になる

IT業界への転職、プログラミングでスキルアップ

IT業界で働きたい希望があるならば、プログラミングスキルがあると非常に有利になります。プログラミングを身につけている人は、即戦力として活躍出来る人材になれることです。

表計算や文書作成は、一般的なスキルとして考えられていますが、プログラミングは内容が複雑なので、最初からスキルを身に付けて転職をしてくる人材は少ない傾向にあるためです。

知識やスキルの無い人間を雇用する場合には、育成するために必要なコスト・時間が企業にとっては大きな負担になりますので、最初からプログラミングの知識・スキルを身に付けている人材は転職・就職をする際に重宝されるものです。

仕事の合間にプログラミングを学ぶ方法

プログラミング

他業種で働いていて、IT業界に転職したいと言う希望はあるけれど、必要とされるプログラミングスキルを学習する時間が無いという方は多くいます。しかし、現在では、他業種からの転職も可能になる学習方法があります。一般的に多くの社会人が利用している学習方法がオンラインスクールです。

自宅で空いている時間に学習をする事が出来ますので、休日などには集中的に行える学習方法でもあります。

仕事が終わった後の隙間時間でも十分に学習できるような内容にされていますので、少しの時間を積み重ねてプログラミングを習得することもできます。

パソコン教室などでは、決まった時間に通う必要がありますが、オンラインスクールの場合には空いている隙間時間を有効に活用出来る、仕事やプライベートの時間を確保しながら学習できるという魅力があります。

プログラミング学習に必要な時間

プログラミング学習にかかる時間

プログラミング言語の習得には、多くの時間が必要になることもあります。

プログラミング言語を習得するまでの時間は個人差があります。学習にかかる時間は200時間とも1000時間ともいわれていますが、学びたい言語やプログラミングを学んでどのようなことをしたいか、によっても必要な時間がことなります。

少なくとも、オンラインスクールで学習をする場合、3ヶ月以上が推奨されています。この期間は、復習なども含めた時間になりますので、最低でも3ヶ月で実践できるレベルに達することができると意味です。

仕事などが忙しく、隙間時間が少ない場合には1年間を必要とする方もいます。ライフスタイルにも左右されますが、スマホアプリからも学べるサイトもありますので、隙間時間を使って学習することも可能です。

オンラインで学ぶプログラミングにかかる費用

フリーランスや独立への道

オンラインでプログラミングを学ぼうという時、無料で学べるサイトと有料のオンラインコースを受講するという方法があります。無料で学べるコースは、プログラミング言語の種類やサポートが限定されますが、どうしてもお金をかけたくないという人にとっては、ありがたいサービスです。

有料コースの場合、1コース数千円から学べるものもあれば、30万円近くかかるコースもあります。学べる内容が異なってくるので、自分の予算と学習の目的に合ったものを選ぶことが大切です。

オンラインスクールを利用して隙間時間を活用しながら、プログラミングを学習することは社会人にとってメリットが非常に多くあります。

一度きちんとプログラミングを学んでおくと、他業種からの転職であっても、自信を持ってプログラミングについてのスキルを持っているといえますよね。働きながら学習したいという方は、オンラインスクールをチェックしてみてください。