プログラミングを学ぶと就職や転職に有利になる職種

プログラミングを学ぶことによってどんな職業につくことができるのでしょうか。

プログラミングを学べるスクールはたくさんあり、興味のある人が増えています。しかし、プログラミングを活かした仕事がなんなのかはっきりと理解できていない人もいます。

これからプログラミングを学ぼうと思っている方へ向けて、プログラミングを学ぶことで有利になる職種はどんなものがあるのかご紹介していきます。

プログラマー

プログラミングを独学で学べる無料サイト

プログラミングを学ぶことでプログラマーの仕事ができます。プログラマーになるために特別資格は必要ありませんが、資格はその人の知識や技術力を示す証明となるので、ないよりもあったほうが就職に有利に進むでしょう。

世の中には様々なシステムがあるため、プログラマーは様々は分野の企業から求められています。

例えば、システム開発を専門にしたシステム開発会社です。システムといってもたくさんの種類があり、WEBシステムや業務システム、スマホ向けアプリのシステムなど様々です。就職先によって得意分野が異なり、主に使用するプログラミング言語が異なるので注意が必要です。

Webサイト制作やソフトウェア開発

SEとプログラマーの違い

次に、WEBサイトやサービスに関するシステム制作をしている会社です。

WEB系の技術は変化が激しいため、常に新しい知識と技術を身に着ける努力が必要です。あとは主にコンピューターを動かすためのソフトウェアの開発と販売を行う会社があります。独自のソフトウェアを開発するだけではなく、顧客からのオーダーでソフトウェア開発を行う会社も多くあります。

あとは、一般企業へプログラマーとして就職することやへ、ゲームやソーシャルゲーム会社への就職も選択肢の一つとして考えることができます。

SE(システムエンジニア)

チームワーク、オフィス、同僚

この他にもシステムエンジニアとして働くこともできます。システムエンジニアとは、システムの設計や開発、テストを手掛ける職種のことです。

プログラマーとの違いは、同様の業務を手掛ける職種になりますが、その線引きは企業やプロジェクトによって異なり、開発フェーズの中で、「上流工程」と呼ばれる部分を担うことが一般的です。

SEとプログラマーの違い、どっちが稼げる?必要な資格とは?

Webディレクター

看護師,転職,方法

他には、WEBディレクターという仕事もあります。仕事内容は、クライアントの要望と制作スタッフをまとめ、進行管理、品質管理などです。

コンテンツの企画を考え、企画書の作成・提案、撮影・取材に携わることもあります。つまり、スケジュール設計と進行管理のスキルが求められます。クライアントと現場をコントロールするプロジェクトの指令塔と言えます。

フリーランスや独立への道も

フリーランスや独立への道

フリーランスとして働くという手段もあります。いきなりフリーランスとして活動することはリスクが伴いますが、一定個所に留まらずに自由に仕事ができ、場合によっては大きなリターンに恵まれる可能性も高いです。

ただ、仕事は独自で営業を行う必要があり、信頼性が必要なので、経営能力や高度なスキルと技術、経験が必要です。最初は企業でプログラマーとして活動してスキルやノウハウ、経験を重ねながら人脈を築き、早いうちに独立する方法が最も現実的です。

クラウドソーシングとSOHO、フリーランスの違いは何?

プログラミングを学ぶことでできること

プログラミングを学ぶことでできること

では、そもそもプログラミングを学ぶことでどんな物を作れるようになるのでしょうか。

プログラミングでは、高速処理、自動処理、遠隔処理の3つのことを実現するために利用されます。プログラムでは人間とは比べものにならないスピードの処理が可能です。大量のデータを分析したり、様々なパターンを分析したりといった、高度な計算を行うことが可能になります。

そして、プログラミングを利用すると放っておいても勝手に仕事をしてくれるようにできます。

例えば工場のラインやロボット、自動販売機のような組み込みプログラム、WEBサービスの定期的なバックアップ処理などがあります。あとは、インターネットを用いて沢山の人にその処理や結果を届けることができます。

プログラミングを学ぶことで、アプリケーションや、ロボットの動作などできるようになります。アプリケーションとは、PC上で動くアプリや、WEB上、スマホ上で動くアプリがあります。

未経験者からプログラマーへ転職への道

プログラミング

近年、雇用状況の変化などから手に職をつけたいと考えている人も増えています。未経験からプログラマーへ転職する人も増えています。プログラマーへ未経験からの転職は、ハードルが高い職業といったイメージを持たれやすいです。

しかし、業界でも需要は高まる一方です。例えば、基本的なビジネススキルが備わっていて、学習意欲の高い人なら入社してから学ぶことで成長を期待できると判断する企業も多いです。

プログラミングを学ぶことのメリットは大きい

ワークスペース、チームワーク

生活スタイルや生き方が多様化する中で、自分次第で選択肢を広げることができる職業であることは間違いありません。ものづくりに携わることができたり、社会の発展への貢献や、スキルさえあればいくつになっても仕事がたくさんあるなど魅力の多い職種です。

様々な分野で技術が発展している影響からエンジニアやプログラマーの需要は高いが、同時に人手不足の状態です。プログラミングを学び、どんな分野で携わりたいのかを考えながら知識を身に着けていくことが大切です。