企業研究の3つの方法-就活を円滑に行うために

企業研究

志望動機を書くため必要不可欠な企業研究。企業のホームページを見たり、説明会に参加すれば良いのは分かっても、具体的にどのような方法で進めていったらいいのか悩みがちですよね。今回はそんな就活生のために、企業研究の具体的な方法について3ステップでご紹介致します。

スポンサーリンク

ステップ1.志望企業を5社選択する

企業研究の3つの方法-就活を円滑に行うために

企業研究でまずやるべきことは、志望企業を絞り込むこと。

業界研究や職種研究などで理解してきたことや説明会での経験を思い出し、興味のある志望企業をいくつか選択します。個人差はありますが、「どのくらいあれば良いんだろう…」と全く分からない人は少なくともまず5社選択しましょう。

志望度の高い企業が既にあるという人も、その企業だけでなく、同業他社をいくつかピックアップしておきましょう。例え実際選考を受けなくても、同業他社との比較は、その企業への志望動機をより明確にさせます。

「同業のB社は受けてないけど何で?」という人事からの質問にも備えることが出来ます。

ステップ2.各社を比較検討する

志望企業を何社かピックアップしたら次はそれらを比較してみます。

各社の長所・短所、課題や将来性、入社後のキャリア形成、最近のニュース、自分の活かせる能力、福利厚生、女性の活躍度などを比較することで、「なぜその企業への志望度が高いのか」という問いに明確な理由づけをすることが出来ます。

具体的には、それらの項目を縦に書き並べ、その右に各社の項目を一社毎に縦に書き加えていくような表を作ると視覚的に理解しやすいです。

このような表は就活サイトでも「企業研究シート」としてダウンロードできるので、それらを活用する方法もあります。比較検討が終わったら、そこから各社の志望度を決めておきましょう。

ステップ3.企業の本質を見極める

企業の本質を見極める作業は、ステップ1やステップ2、業界研究や職種研究などの段階でも出来ますが、最後にもう一度確認をします。

具体的には、人事の言う福利厚生が本当に出来ているのか「就職四季報」で離職率や休日取得度などを確認したり、ネットにあるその企業の退職者の評判を見てみたりします。

そうすると、休日がすごく多いと思っていた企業が実際の取得度は低かったり、女性に優しいと言っていた企業が育児休暇取得度が低かったりということが分かります。

残業はないと言われても「本当に?」と思う人は、終業時間近くに企業の近くへ行き社員がちゃんと出てくるか見てみるのが手っ取り早いです。

企業研究は数社比較して

企業研究は一社だけでなく数社と比較して行うのが簡単でより理解を深められます。表面的な情報だけでなく、その企業の本質を見極め、就活を行っていってください。就活生の皆さんがより輝ける職場を見つけ出せるよう影ながら応援しています。