就活用スーツは何着用意しておくべき?

就活,スーツ,何着 服装・髪型

就活といえば、スーツは必需品です。たかがスーツ、されどスーツ。

第一印象が決め手になる就活で、いかにスーツを着こなせているか、自分を際立たせるスーツを身につけているかが効果的であることは、言うまでもありません。就活の準備として、まず取り掛かることは、自分に似合うスーツを見つけることだとも言えます。


スポンサーリンク

就活スーツは1着ではダメ

就活、スーツ、選び方、着こなし

さて、このスーツですが大方の人が、何着か複数枚のスーツを用意するようです。

これは例えば、応募する企業によって求められるカラーが違うため、スーツを変えることによって雰囲気を変えるという使い方があるからです。

具体的に挙げると、お堅い金融機関と外資系の保険会社とでは、企業側としても求めている人物像が違いますよね。金融機関のときは濃紺系、外資系では明るいグレー系と色合いを変えるだけでも、異なるイメージの自分自身を演出することができるでしょう。


就活中にスーツの型もくずれてくる

グループディスカッションに臨む際のコツ

また、就活を始めると実感することですが、企業訪問を重ねるたびに、どうしてもスーツの型が崩れてきます。

訪問時には説明会や懇談、筆記試験に面接といったふうに、長時間座り続ける機会が多いため、どうしても座りジワができてしまうんです。

でも、ヨレヨレのスーツでは印象が良くないですよね。面接でアピールする機会には、パリっとしたスーツで自信を持って挑みたいものです。

そうなると、一着をクリーニングに出している間に着るためのスーツが、何着か必要になることになります。試験や面談では、緊張して汗をかいてしまうことが多いため、頻繁にクリーニングに出すほうがいいでしょう。



就活では複数枚のスーツを用意しよう

就活,スーツ,何着

このように就活では、何着かのスーツを使い回すことが必須であるとも言えます。

悔いのない就活を行うためにも、自分が引き立つスーツをキリッと着こなして、魅力的な第一印象を残せるといいですよね。気の合うスーツを選べばきっと、就活をする皆さんの良き相棒になってくれることでしょう。

https://shigoto-hunting.com/costume‐makeup/industry/