就活用スーツの着こなし、訪問先企業や業種によって変えるべき?

就活、スーツ、選び方、着こなし 服装・髪型

就活をするために避けて通れないのが、スーツ選びです。スーツというのは、着こなしにより、その人のやる気やビジョンを感じることができるものです。

そんな就活に必要なスーツを選ぶときに、自分の志望する業種について着目する人はどれほどいるでしょうか。

業種によってはカジュアル思考の企業だったり、逆に固めの業種に対してはより身だしなみに気を使わなければなりません。


スポンサーリンク

柔らかいイメージを求められる職種

IT関係、クリエイティブ

業種別に見ていくと、柔らかいイメージを求められる職種はアパレル系やIT関係、テレビ業界が主な職種になります。

これらの職種にはカジュアルスーツでも可能な場合があります。

もちろん限度がありますが、きっちりとした中に本人の持つイメージを、面接官は観察しています。

身だしなみにこだわらなければならない職種

就活、スーツ、選び方、着こなし

逆に徹底的に身だしなみにこだわらなければならない職種は、銀行・証券会社・ホテル業界・役所関係などです。

これらの職種ではスーツの色や形、女性場合、パンツスーツは避けて足元の靴やヒール選びまでこだわる必要があります。

身だしなみを重視している職種では、スーツ選びはとても大きなポイントです。身だしなみによりマイナスの印象を与えてしまうのはとてももったいないことです。


企業に合ったスーツ選びを!

会社説明会とセミナーの違いって何?

この様にスーツという色味のない服装で、いかに自分らしく相手に好印象をあたえることができるかが大切です。これは就活だけに言えることではなく、社会人として働く全ての人に言えることです。

特に面接という場では、限られた時間の中で自分をアピールして内定を勝ち取らなければなりません。そのためにも、企業研究をする際にはその企業に合ったスーツ選びを行うことが大切ですね。