保育士と保母さんとの違いって何?

保育士,保母,違い 保育士の就活

保育士さんという名称も一般的になりましたが、保母さんとの違いがよく分からないという人も多いようです。今回は、保育士さんと保母さんとの違いについて、まとめてみました。


スポンサーリンク

保育士と保母さんの違い

保育士,保母,違い

みなさん、保育士さんと保母さんってどう違うの?と疑問に思った事はありませんか??

実は意味は一緒なんです。

昔は保母さんといえば女性の仕事というイメージが強かったですが、最近では男女平等で男性も保母さんの仕事に就きやすくなり、保育士という名前に変わりました。ですから、業務内容などに、なんら違いはないんです。


保育士はどうすればなれる?

保育士,就活,転職,求人サイト,メリット

最近は保育士不足等で待機児童等が問題になっていますが、保育士とはどのような資格がいるのかご紹介したいと思います。

まず保育士試験は国家資格です。ですから受験をする際には一定の条件を満たさないといけません。

4年制大学や短大や高等専門学校を卒業した方、4年制大学に2年以上在学して62単位以上を取得した方、高校を卒業して児童福祉施設で2年以上の勤務経験がある方等に受験資格があります。

そして試験には筆記試験と実技試験があります。

筆記試験には、社会福祉、児童家庭福祉、保育の心理学、小児保健、小児栄養、保育原理、養護原理及び教育原理、保育実習理論があります。実技試験ではピアノ演奏、絵を描く、童話の読み聞かせがあり3つの中から2つを選びます。

保育士になるということは難しいんですね。

保育士と幼稚園教諭の違い

保育士,保母,違い

実は保育士と幼稚園教諭は違うんです。

保育士は厚生労働省の管轄で、お仕事などの理由で子どものケアができないママやパパの代わりとして保育する事ことで、0歳から就学前の子供が対象になります。

幼稚園教諭は文部科学省の管轄で、子供の教育が目的です。いわば幼児の学校の先生ですね。3歳から就学前の子供が対象になります。

保育士も幼稚園教諭もたいへんなお仕事です。最近は女性だけではなく男性も多くなってきているので、待機児童の問題が少しでも緩和されるといいですね。

ぶっちゃけ、保育士さんって給料どのくらいもらってるの?

保育士さんの就活!保育士になるために必要な資格とは?